2010年04月02日

セクハラ相談員がキス強要=職安男性幹部を停職処分−大阪労働局(時事通信)

 大阪労働局は2日、女性職員にキスを迫るなどのセクハラ行為をしたとして、大阪府内の公共職業安定所の男性職員(50)を停職1カ月の懲戒処分にしたと発表した。男性は職場内のセクハラ相談員に任命されていたという。
 発表によると、男性は課長級の統括職業指導官だった昨年7月、職場の懇親会後に女性職員と2人で行った焼き鳥店内で、約1時間半にわたり、女性の手を握ったりキスを強要したりしたという。 

【関連ニュース】
児童にセクハラ、教諭を懲戒免=富山
証拠品ナイフ折るよう指示=蒲田署警部補に停職処分
男性教授を停職6カ月=学生の受講拒否
セクハラ准教授を解雇=女子学生の体触る
飲酒人身事故の警部補停職=処分受け依願退職

「党は崩壊寸前」 自民5議員、著書で世代交代要求(産経新聞)
<警察庁長官>DNA型の試料「面前で封印を」(毎日新聞)
「日本一」スカイツリーに交代、東京タワー抜く(読売新聞)
「冷たい木星」を発見=へび座惑星、欧州の望遠鏡で(時事通信)
暴行で2歳男児死亡 母親と同居の19歳少年逮捕(産経新聞)
posted by ヒガシヤマ ユウジ at 18:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。